認知特性

認知特性とは?

「外界からの情報を頭の中で理解したり、記憶したり、表現したりする方法」のことで、

視覚・聴覚・言語の中で自分がどの感覚を優位に使っているか?
認知特性のテストを受けることで自分の得意な感覚を知ることができます。

小児発達医の本田真美先生が作った「頭のよさテスト」では
以下の6つのパターンを知ることができます。

視覚優位者
写真タイプ(カメラアイタイプ):写真や絵など二次元で考える
三次元映像タイプ(3Dタイプ):空間や時間軸を使い三次元で考える

言語優位者
言語映像タイプ(ファンタジータイプ):文字や文章を映像化して考える
言語抽象タイプ辞書タイプ):文字や文章を図式化して考える

聴覚優位者
聴覚言語タイプ(ラジオタイプ):文字や文章を音として情報処理する
聴覚&音タイプ(サウンドタイプ):音色や音階など音楽的イメージを脳に入力する

もっと詳しい認知特性についての詳細は以下のホームページをご覧ください。

あなたは文字派? 聴覚派? 6つの「認知特性」ごとに最適な勉強法教えます!

自分がどこの認知特性が優位か?を調べてみよう
本田40式認知特性テスト(無料)

下記のリンクから本田真美先生のホームページへ飛ぶことができます。
現在はLINE公式アカウントに友達登録をするとタイプ診断が行えるようです。

ぜひ一度試してみてください。

https://www.micri.jp/ninchitokusei/

番外編)7番目の体感覚タイプ

体感覚が優位なタイプは視覚や聴覚以外の感覚、

・触覚(皮膚感覚)
・嗅覚
・味覚
・固有覚、前庭覚、内臓感覚

が優れているそうで、
日常生活で物事を理解するのに、視覚・聴覚・言語を使っているため
認知特性のテストには入らない様です。

スポーツ選手、ダンサー、料理人、ソムリエ、調香師などに多く、
体感覚が優位なタイプは、自分の身体や自分の感覚のことを
よく知っているという特徴があります。

医師のつくった「頭のよさ」テスト~認知特性から見た6つのパターン~ (光文社新書) 

HSP/HSC強み・才能ラボ

自己理解を深める『強み×才能ラボお茶会』への
お問い合わせ・申し込みはこちらから

■初めての方へ(初めて訪問された方は必ずお読みください)
ホームページの利用方法管理人について

■HSP/HSC、エンパス、発達障害関連情報
HSP/HSS/HSC/HSE/エンパスHSPチェックリストHSP&発達障害人間関係の悩み仕事/転職/起業の悩み恋愛の悩み愛着障害トラウマ/PTSD/MUPSマルチポテンシャライト&HSSHSP/HSC関連書籍HSP交流会/HSPお茶会HSP/HSC関連お役立ち情報

■強み・才能・個性分析
HSP/HSCの強み・才能先天的な強み個性/強み/才能の見つけ方MBTIストレングスファインダーソーシャルスタイル認知特性数秘/マヤ歴/動物占い声診断/声紋分析4つのポジショニング算命学/四柱推命/九星気学/その他

■様々なケアと考え方
様々な不調の原因疲れ(ストレス・慢性疲労)のケア不眠ケアペットボトルケア(みずぽっと体操・ぷらす)ゼロポイント・アプローチ相命整体噛み合わせケア/歯のケア食事療法(デトックス)電磁波ケア靴、歩き方、不調との関係嗅覚反応分析/アロマケア各種対処法宝石療法言葉セラピー音楽療法/声楽療法

■その他
ホースセラピー/乗馬/障碍者乗馬おススメの本おススメのお店(飲食店等)